アドレス交換した夫の短小ペニスしか知らない人妻を引っかけた結果…

アドレス交換した夫の短小ペニスしか知らない人妻を引っかけた結果…

私は40代でまだ独身、しかも仕事は派遣社員という、まさに人生の負け組ってやつですね。ただ、そんな私にも自慢できることがありまして、それは『これまでセックス相手が途絶えたことがなく、しかも毎回女性から求められるようになる』ということです。

その理由ですが、やっぱり私のペニスですね。私のペニスは長さは平均よりやや上って感じですが、太さは結構あって、ついでに遅漏気味です。遅漏というか『射精タイミングをコントロールしやすい』って感じで、女性をいかせるまで我慢するのが簡単なんですね。

そんなわけで、とくに『パートナーとのセックスに満足できていない女性』とセックスしたら、大抵は相手が「あなたのほうがいいの…」と言い出します。女性ってセックスの不満をなかなか本人に言えないのですが、その分出会い系とかで別の男を探し、その人相手に欲求不満をぶつけるのです。

なので、私にとってアドレス交換っていうのは、セフレを探す最高のサービスですね。とくに最近見つけた人妻のA(仮名)は本当に言い感じのアソコで、しかも私のペニスが忘れられないため、今は相手から誘ってくるのがほとんどです。

今では私のペニスが大好きなAですが、実は私とするまでは夫以外との経験がなく、しかもその夫が短小ペニスでした。勃起してもAの奥までは届かず、Aは「きっとセックスってそんなものだよね…」と諦めており、中イキなども未経験でしたが…。

ちょうど出会い系で相手を探していた私が、Aと会話できたのです。Aは意外と純粋というか、私が少し優しく振る舞うと急にいろいろ相談してきて、「こんなにチョロい人妻が、夫以外としてなかったなんて奇跡だな…」と思いましたよ。

そして人妻とやってみたくなった私はAを誘い出し、ちょっと強引にラブホへと誘いました。夫以外としたことのないAはやはり真面目で、最初は断ろうとしていましたが…私が「あなたみたいな好みのタイプ、諦めきれなくて…」なんて言いまくったら、ついに「そこまで言うなら、今日だけ…」と折れてくれたのです。

そうなるとAの中に挿入できるわけで、セックスさえ始めればこちらのものです。奥を突かれたことのないAの子宮口を先っちょでコリコリすると、「な、なにこれ…全然知らない…」と、夫では味わえない快楽に戸惑っていました。

しかし女性は奥が好きなように、子宮口を念入りに、そしてじっくり刺激されたAは、初の中イキを夫以外で経験し、私のペニスに夢中になったのです。


アドレス交換した夫の短小ペニスしか知らない人妻を引っかけた結果… へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ