極上の未亡人をアドレス交換から愛人としてゲットしてきた話

極上の未亡人をアドレス交換から愛人としてゲットしてきた話

AVでもなかなか人気の『未亡人』というジャンルですが、私も大好きです。喪服を着れば誰でも未亡人っぽくなれると言いますが、それは見た目だけです。真性の未亡人好きたるもの、『夫がいなくて心細く、それがやがて男性を求める情欲に変わる様子』こそが至高と思うべきでしょう。

そんな極上の未亡人を、愛人募集のアドレス交換掲示板でゲットしてきました。冗談みたいな話だと思うでしょうし、「どうせ変なサイトに誘導するためだろ?」と疑うかもしれませんが、体験談を読むだけならタダなので、軽い気持ちで読んでください。

その日、愛人募集のアドレス交換掲示板を使っていた私は、未亡人をピンポイントで探していたわけではありません。たしかに未亡人とはセックスしたかったですが、未亡人がたくさんいるわけもなくて、限定しすぎると相手が見つからないのです。

だからこれまでは普通の人妻や独身女性と遊んでいて、それでも十分楽しかったですよ。しかし、未亡人への欲求が消えることはなく、アドレス交換掲示板で「夫がいなくなって寂しいです。誰か会ってくれませんか?」という書き込みを見たときは、迷わず声をかけましたね。

その未亡人はM(仮名)という名前で、年齢は32歳です。未亡人になるには若く、夫は交通事故で亡くなったのだとか…それで愛人を探すあたりかなりたまっているのでしょうが、相手が未亡人なら、まずは優しく話を聞くのが大切です。

するとMさんは私に夫婦の思い出を聞かせてきて、私はそれを根気強く聞きました。正直なところ、夫婦のなれそめにはあまり興味もなかったのですが…これがMさんとのセックスにつながると思ったら、なんとか我慢できた感じです。

そして、Mさんが「じゃあ今度の日曜日、いいですか?」と言ってくれて、この瞬間はガッツポーズです。未亡人と二人っきりで会うってことはセックスが確定したも同然でして、当日まではオナ禁して濃いのをためておきました。

初めて見るMさんの顔は、やっぱりちょっとだけ暗さもありましたね。セックスはしたいのでしょうが、若くして未亡人になると、まだまだ心の影が晴れないのでしょう。だから一緒に食事しているときも紳士的に振る舞い、できるだけMさんをもてなしました。

そのおかげでラブホテルにも無事に行けて、Mさんの未亡人ボディを味わったのです。最初は夫への罪悪感があるのか、ちょっと反応も鈍かったみたいですが…一度潮を吹いてからは素直に喘ぎ出して、私も満足するまで射精を繰り返したのです。

今も私はMさんの愛人をしており、その体を慰めていますよ。

愛人候補とアドレス交換掲示板


極上の未亡人をアドレス交換から愛人としてゲットしてきた話 へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ