結婚相手を出会い系で見つけたんだけど、変ですか?

結婚相手を出会い系で見つけたんだけど、変ですか?

恋人が欲しいとかそういった次元をとうに超え、私は強い結婚願望を持っていました。結婚適齢期となり、しかし恋人もおらず、彼女がいた経験はなくはないけれども、そこまで多くはないという過去から、「早く行動しなければ結婚できないまま人生を終えてしまうのではないか」という危機感を抱いていたことは否定できません。

その気持ちが、「出会い系サイト」へと私を走らせました。

日本人の多くは思うかもしれません、「出会い系サイトで結婚相手を見つけるなんて間違っている」と。

しかし、本当にそうなのでしょうか。

海外では当たり前のことになっているようですし、そう言う人はきっと勘違いをしていたり偏見を持っているような気もします。

どこで会っても、それは“出会い”であり、どこで会っても、そこからの愛の育み方がもっとも大事なことであると私は考えているので

そうした勘違いや偏見を持っている人には、ここを重視して物事を考えてもらいたいと思っています。

実際、真面目な出会いだってあるんです。

メディアで取り上げられる時は援助交際だったり犯罪に巻き込まれたり詐欺だったり美人局だったりというニュースが多いので、そういう勘違いや偏見が生まれてしまうのかもしれません。

でも、中には恋人、そして結婚相手を見つけている人も少なくはなく、決していかがわしい関係だけではないのです。

そんな強い信念を持って活動し続けた結果、私は結婚することができました。

本当に素晴らしい出会いであり、感謝をしています。

最初はメールのやり取りから。これが良かった。

最初からあまり気取らずに自分を出すことができましたし、相手もきっとそう感じたと思うのですが、相手のことがよりこちらに伝わってくるような感覚がありました。

それは趣味だったり価値観だったり人柄だったり。

メールが増えてくれば電話をするようにもなりますし、チャットをしたりなどして、その距離がどんどんと近づいていく。

こうしてお互いを知っていけば、むしろリアルな世界(いや、出会い系もリアルなんですけど、ネットとは違い最初から顔を合わるという意味で)

よりも健全なのでは?と思うことすらあります。

自分で自分の結婚相手の探し方を振り返ってみても、全然変だとは思わないし異常でもありません。

むしり健全であり、徐々にお互いを知っていった上で会うからこそ結婚まで辿り着けたとすら思っています。

たまたまだった、偶然だったとは思いたくありません。偏見をなくしてチャレンジしてみるかどうかだと思います。

偏見さえ取っ払ってしまえば、出会い系での出会いも立派な出会いになり得るはずです。


結婚相手を出会い系で見つけたんだけど、変ですか? へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ